パープルスカイ

Memories from Paris

パリの思い出編

パリでの生活は二回。一回目は、30代前半から40代前半にかけて8年くらい、二回目は2011年から2016年まで、パリ日本文化会館の館長として。数えると、13年以上パリに住んでいたことになる。二回目のときの回想録は、「パリで、日本文化を語る」という本に収録しました。そこから引用も交え、パリでの生活をお届けします。

アパルトマンでの楽しみは、夕食に友人を招いて、サロンでおしゃべり。シャンパンを食前酒で開けて、次にワインと行きますが、足りなくなるのが常。そういうときは、数件先に、ひいきにしているワイン屋があり、電話すると冷やしたシャンパン、白ワイン、赤ワインを食事の途中に届けてくれる。とても助かった。

アパルトマンのサロンの様子とテラスから見た風景をお届け。お料理は、いつも、新鮮なお野菜の入ったカニサラダ、子牛か牛のオーブン焼き。若い人が多いときは、サーロインステーキの肉を塊で買ってきて、台所で、焼きながら食べる。

住んでいたアパルトマン パリ7区

画像をクリックすると拡大できます

IMG_1416apa3
press to zoom
IMG_1585apa6
press to zoom
IMG_1586apa7ttable
press to zoom
2017-05-18 10.41.16
press to zoom
2015-05-17 15.58.15
press to zoom
2015-01-22 11.07.13
press to zoom
2017-05-18 10.41.00
press to zoom
2016-12-04 15.59.22
press to zoom
2015-08-30 20.12.53
press to zoom
IMG_0110cafe1
press to zoom
IMG_1610apamadame1
press to zoom
1/1