IMG_0281 (1)Green.jpg

Management DESIGN

経営をデザインする

国際経営の最前線で

最近、社外取締役として経営に参加する機会が増加。私の専門は、法学、次が経済学、工学と多岐にわたり、東大工学部時代は、経営と技術、企業価値計算、都市インフラなどを研究しました。社会は、テレワーク、AI、非正規雇用の増大と、人・モノ・情報の流動性が高まり、マルティ分野で蓄積した知識がけっこう役に立ちます。日本の経営問題は、先端技術の動きにスピードに押されつつ、経営組織は=ガバナンスはロジック不足で新しい状態に対応できていないこと。目指すは、工学的アプローチを入れた経営システムの構築。新しい経営工学。

社外取締役を務める(株)堀場製作所の本社は、京都にあります。この京都×グローバル、この掛け算は、うまくいくのかも注目です。以下、3つの研究分野を紹介します。

①フランス留学時代

②ヨーロッパの都市ンフラ開発

③企業価値

タイトルをクリックすると一部の資料が出てきます

①フランス留学時代(30代)

留学時代の専門は、ヨーロッパ経済学。日本では欧米の経済学が主流なので、きわめてマイナーな学問。フランス、ドイツ、イタリアの経済理論をフランス語で勉強した。当時は、パリ5区、カルティエ・ラタン=パンテオン界隈にいた。留学先のパリ大学も、応用数理経済学研究所もこのあたりにあった。

留学時は「構造」主義が花盛りで、経済研究も構造主義思想の影響を受けた。この思想は、経済現象を一つの「装置」としてとらえ、経済は生き物のように変化するが、組織は「動かない」という不可逆性に直面する。これを分析するため、イリヤ・プリゴジンの「不可逆性」「非平衡過程」散逸構造」などを活用した。難解な理論ですが、熱力学と経済学を行ったり来たりするので、頭脳が柔らくなります。

②ヨーロッパの都市開発 経済学から工学分野に関心が移った頃(40代)
ヨーロッパの都市はなぜ美しいのだろう、という疑問をもち、ヨーロッパ中の都市研究をパリで開始。調べてみると、日本の都市開発の考え方との差は歴然。

ア.ヨーロッパの人たちは、思想的には個人主義だが、都市の成り立ちは公共性が第一。

イ. 都市の開発は、官民連携型が主で、インフラ投資も民間中心。

ウ. 美観など、個人の所有でない資産も都市のコントロールの内。

フランスの土木・建築のエリート校だったポンぜショセ校の国際経営大学院で専門家ともコラボができて、本も数冊まとめた。東京大学の工学部助教授に転身したきっかけになったのは、これらの経験。著作を参考「都市政策」日本経済評論社。「公共インフラの制度設計」(NTT出版)、「都市デザイン」(NTT出版)など。病院を中心とする都市開発は(メディスクエア)。

​③企業価値評価から、経営参加へ(50代)

東大工学部の助教授時代は経済学の講義を受け持ち、その後「技術経営」学科の講義を受け持った。以来、企業経営や研究開発に関心を持ち、社外取締役やアドバイザーなど企業からの依頼仕事が増えた。資生堂、テルモ、住友商事、住友生命、東芝中央研究所、などのトップ経営陣と仕事をした。日経新聞紙上で取り上げられたので、その記事の抜粋を載せておく。

2015-05-04 11.50.57.jpg
カルティエラタン ゲイルサック.jpg
5区カルティエ.jpg

パリ5区の様子

41CY9fKbrXL._SX298_BO1,204,203,200_都市政策.
IMG_0285本1.jpg

音楽と経営の接点

音楽もデジタル化の波が押し寄せ、AIで作った音楽なども登場。即興の演奏を聴く機会は激減している。そんなとき、あるドイツ在住のピアニストが、瞬間瞬間のあふれ出る感情を舞台で演奏するのが音楽の本質と語っていた。同じ楽譜でも、違った解釈と感情があふれ出てくるので、同じにはならない。繰り返しを嫌う。これ、経営も同じ。昨日とは違うことを試してみる。そこに新鮮な驚きや、新しいアイデアが生まれる。人間は、同じことの繰り返しはできないのだから、経営も常に刷新を続けるのが自然な流れ、かと思う。