活動報告、山形

January 20, 2017

 

山形大学の本部で「山形から世界へ」というテーマで講演し、翌日工学部の有機ELセンターを訪問しました。山形は、「山の神、大地の神」をベースとする縄文文化を基調とし、日本人の自然観を象徴していますが、そこからどう世界に発信するかという点が課題でした。その答えは、工学部の有機ELセンターにありました。薄い膜に、画像と人の講演と画像を入れ込めば、世界の人たちと知的交流ができるし、また文化作品もこういう形で発信すれば、展覧会の形も変わるはず。医療も在宅でできるようになり、情報インフラも変わると思います。

講演内容が、山形大学のホームページに掲載されました。http://www.yamagata-u.ac.jp/jp/information/event/report/20170120_01/

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload